ここから本文です

API連携導入フロー

Yahoo!ウォレット決済サービスにおいて、APIを利用した、マーチャント様の注文管理システムとのシステム間連携をAPI連携と呼びます。API連携は、HTTPS上でXMLの送受信を行うことでご利用いただけるよう設計されています。一般的に広く使用されている技術を利用しますので、多くのプラットフォームや言語で動作します。APIの仕様書は、導入をご検討いただく場合に提供させていただいております。

ご利用開始までの流れ

お申し込み審査、ご契約の完了後、API連携を開始するまでの流れは以下のとおりです。

※カード会社の審査に1週間程度かかります。

ご利用開始までの流れ 導入決定→導入方法の検討・協議「貴社とYahoo! JAPAN」(2から3週間)→導入作業「貴社」(4から5週間)→テスト作業「貴社」(2から3週間)→導入(計8~11週間)

API連携で可能なこと

貴社で保持している顧客住所情報での購入手続き

貴社の注文管理システムに組み込むことにより、業務やデータを一本化できるため、従来の業務フローを変更することなく導入いただけます。業務の自動化が容易な一方で、受注の最終確認を行うことも可能で、とても柔軟にご利用いただけます。

Yahoo!ウォレットに登録されている決済情報、住所情報での注文手続きも可能ですが、決済処理のみのサービス提供も行っています。

すでに貴社でログインサービスなどを提供されており、顧客の住所情報をお持ちの場合、Yahoo!ウォレット決済サービスで決済処理のみのご利用も可能です。

注文完了後のページを自社サイトに設定

Yahoo!ウォレット決済サービスでは、注文完了ページがYahoo!ウォレットのページとなっています(その後、貴社サイトへの再誘導は可能です)が、APIをご利用の場合は、貴社サイト内の注文完了ページの表示が可能です。

注文フロー  注文管理

APIの種類と役割

注文フローでは5種類、注文管理では2種類のAPIをご用意しています。

  API名称 リクエストの向き API内容
注文フロー リダイレクトURL生成API ECサイト→Yahoo!ウォレット Yahoo!ウォレット手続きページのURLを動的に生成します。
セッション情報参照API ECサイト→Yahoo!ウォレット Yahoo!ウォレット手続きページで入力された情報を参照できます。貴社の注文確認ページまたは注文完了ページにそれらの情報を表示したい場合にご利用いただけます。
決済API ECサイト→Yahoo!ウォレット Yahoo!ウォレット手続きページでお客様がお支払い情報等を入力し貴社ページにアクセス後、貴社の購入フローの適切なタイミングでYahoo!ウォレット決済の実行リクエストができます。
マーチャント計算API Yahoo!ウォレット→ECサイト Yahoo!ウォレット手続きページでお客様がお届け先情報を入力・変更された際、その情報を貴社にお渡しし、貴社にて送料計算を実施後、計算結果をYahoo!ウォレットに返信いただきます。複雑なロジックで送料を算出しなければならない場合にご利用いただけます。
注文前確認API Yahoo!ウォレット→ECサイト Yahoo!ウォレット決済実行前に注文内容の最終確認を行います。Yahoo!ウォレットより注文情報をお渡ししますので、そのデータを元に貴社にて在庫状況などをご確認のうえ、受注可否を返却いただくAPIです。
注文管理 通知API Yahoo!ウォレット→ECサイト 新規注文の情報やシステムによる注文キャンセル、注文管理APIの処理結果情報を貴社に通知するためのAPIです。
注文管理API ECサイト→Yahoo!ウォレット 注文情報を更新するためのAPIです。注文ステータスや決済ステータスといった各種ステータスの更新や、配送情報といった注文情報の変更処理ができます。

導入に関するお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

貴社サイトの決済にYahoo!ウォレットが使えます!

資料請求・お問い合わせ

ヤフオク!、Yahoo!プレミアムなどで「Yahoo!ウォレット」をご利用の方は、こちら

よくある質問

ご利用可能カード

VISA・MasterCard・JCB・ダイナース・American Express

取得・認定済み規格

PCI DSS

Yahoo!ウォレットは、PCI DSSの認定とISMSの認証を取得しています。

かんたん導入で集客力アップ! Tポイント加盟店になるお店、増えています。 今すぐ資料請求